朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新社長(息子)と新専務について選出の際に気を付けるべきこと

新社長(息子)と新専務について。

事業継承。

特に初代社長(父親)から、息子(新社長)へ継承する際に
新専務として誰を選任するか?


新社長へ継承した後に起こりうる問題点と解決策を述べます。


長男さんは42歳。
新専務さんは外部から採用した、まじめで守り方的な人なので、あまりスピードは出ませんが、
確実に息子さんを補佐することは確かなのです。・・・が・・・。


一番難しいのは、新専務さんと、従来の社員さんとの間が、コミュニケーションがうまくいくためには

かなり時間がかかりそうなので、新専務さんと社員さんのコミュニケーションをつくるのを

新社長さんはできる限りサポートした方が良いです。


もう新しい専務さんを外部から迎え入れているという事ですが、できうるならば、

一番上手なあととりの作り方は、自分の息子を次期社長にするならば、

専務をよそから連れてくるのではなくて、
少々出来が悪くても自分の社員を引き上げて欲しいのです。



なぜかというと、新社長になってよそから専務を連れてきたということは、

このやり方は、お父さんと息子のことしか考えていないということです。


ちょっと厳しいようですが、我田引水の考えで、新専務を連れてきた場合、

長年いる社員はどんな心になるかということ。


それは息子さんと従来の社員の間に溝を作る事になるのです。


会社はうまくいっても、最初は苦労する。

新しい人を連れてくる場合、息子さんの後見役として、あるいは相談役、顧問格として入れ、

専務には社員をつける。

そうすると社員全部がその人についていく。

新社長と従来の社員の間を離してはいけない。


これが後を継がせるときの最大のポイントになります。

ですから、外から引き入れた新専務さんと、もう一人は社員から出し、

新社長さんを頂点にして三角形方式で行かれた方が非常にうまくいきます。


スポンサーサイト

経営者が心得ておくべきこと

運命曲線は概略的なものなので、上がり方の幅は


生き方によって違ってくるものです。


つまり、ここぞのチャンスがめぐってきたとしても


本人に「行動する意思」が無ければ、運は上がりません。


当たり前ですね・・・・・。


運が見方をしている時は「動」(行動)するべきであり


運が落ちている時は「静」(守り)の時であります。


チャンスの時の行動のあり方が大胆でダイナミックなほど


上昇の度合いも高くなります。




運が下がって来た時というのは、口出しはしても動かない。

運が上がっている時は大いにどんどん動いていくべきなのです。



つまり


上がる時は行動し、下がる時は精神を強くする。

これが一番上手な活用方法になるかと思います。


経営者は、多くの社員抱えています。


という事はどのような事かと言うと、


多くの人の運命を握っている。

と言うことなのですよ。


更に言えば、その社員の家族の運命も握っている。



トップの使われ方によって社員さんの運命が変わるんですよということ。


それだけに人の上に立つ怖さというものがあるんです。



単に人を使うというのではなくて、人の運命を握っているんだ


ということを考えいただきたい。










営業に合っているのか?内部の仕事に合っているか?

営業に合っているのか?

内部の仕事に合っているか?


判定する方法があります。

企業の人事、経営者様からのご相談でも多い内容の一つです。


社員の適性を知って生かさせてあげたいと考える経営者さんは

未来があります。


経営者にとって、社員、部下の存在は


自分自身の未来である


からです。


その社員の人の家に男の子が多いか?女の子が多いか?で判断してください。



結婚している人であれば、奥さんと子供を合わせて、どちらの人数が多いか。


女の子の多い家の社員さんは非常に営業能力がある(行動、攻撃型)。


男の子が多い社員さんは内部の仕事、例えば総務や経理(ガード、守り型)。


こうゆう使い分けをするだけでも非常に大きいと思います。




一代で成功しているというのはだいたい女の子が多いのです。


女の子がしっかり者が多い。


女子社員を採用する際に、人事が気にすることとして、すぐに結婚して辞められるのではないか?


という問題。


なかなか結婚しない人もいると思いますが、まずその女性が何番目に生まれたかを聞くと良いです。



お父さんかお母さんどちらか再婚の場合の長女と三女は不思議と結婚が薄いのです。


その人に魅力がないのではなく、いい人が出てくるのですが、タイミングが悪く婚期を逃すということが非常に多い傾向。


普通のご家庭の次女や四女は会社に入って来てもすぐ結婚するなと思ってよい。


女子の場合は親が初婚か再婚かによって随分運命が違ってきます。

天中殺でやっても良いことは沢山あります

ご主人が天中殺。仕事上の生き方と、注意点、コツを教えてください。


ご主人が天中殺の奥様からのご相談。


天中殺でやってもいいことはたくさんあります。


①先祖の供養

②貯金



この二つは非常にいいとされています。


ご主人にとっては改革の年になります。

今までやれなかったものや、やり残したことを改良改革をする年になるわけです。


奥様の今年はあちこち動き回っている運勢が来ていて、旅行が多いようで、
自分の家にじっとしてることが少ないようです。


ご主人にとっても今年はすれ違い夫婦です。


ご主人はご主人であちこち行っていますので、夫婦で動き回っている状態。


こうゆう天中殺が明けた年というのは、ちょっとお気をつけ願いたいことは
お子さんのことです。


親の天中殺が終わり、運勢が上がると子供が犠牲になる場合があります。

運命というのは一家中が固まっていますから、お子さんが病気やけがをしやすい時期に入っています。


お父さんの天中殺が明けて約半年間ぐらいは気をつけて下さい。



血族で構成された組織体の作り方

血族で構成された組織体の作り方

家族、親子、親せきなど、血族で構成された同族企業は多い。

多い中で、血族間での争いも多い。


同族経営の強みは、家族ならではの強固な繋がりがある。


これが吉とでるか凶と出るか?

大塚家具のような骨肉の争い、親子間の争いを避けるためには?

運命の世界には、運命には逆らえない約束事が存在し、この様な視点で
企業のコンサルティングをしている人は数少ないであろう。


ここでは運命の世界の約束事における血族で構成される会社経営のコツを
お伝えしたいと思う。



まず御親戚ばかりでたくさん寄った時に、それぞれの役割というのは、

だれが創業したかというのがポイントになるのです。



会社の本業というものは創業した人と長男ですべてやらせる。

不動産関係や財産資産に関するものは奥さん(お嫁さん)
の親せきの方々が担当されるとよい。




創業者の二男や三男は、物事を作り出す製造に関する部門
を担当していかれると非常に役割の配分ができてぶつかり合いがなくなってくる。



と言いますのは、お金だけは女性が握った方が大丈夫なんです。


どうした事か、不動産というのは男性よりも女性が握る方が安心で決して減らない傾向があります。



男性の方の親戚関係が全財産を握るとどうなるかわからない。


非常に不安定になる。
ずるいことをするとかではなくて運勢的に女性側が財力を握るほうが安定する。


名義は男性の名前でもいいですが経理はお嫁さんにやらせるのが良いのです。



家族経営の場合の企業相談。
金融や税金、経営のプロはおりますが、この様な

天地自然に反さない経営コンサル。


長期安定的な企業運営には最も重要な骨格となるものです。


≪前のページ≪   1ページ/24ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。