・経営者とオーナーの違い ・自己確立の5条件(事業継承・二代目に必要な資質) ・チャンスに対しての行動の速さ(二代目に求められること)

朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

カテゴリ:オーナー経営者・社長に求められるもののエントリー一覧

  • 経営者とオーナーの違い

    経営者とオーナーは違います。 経営者でありながらオーナー感覚 オーナーでありながら経営者感覚 立場と役割の掛け違いによって 認識不足によって 足踏み状態の方もおられるかもしれません。 「私は、この会社のオーナーです」 という方もおられますが 会社のいち経営者からオーナーに出発していく。 会社という運転手から一段上の資本家へと。 オーナー=資本家と思って下さい。 単なる経営者とオーナーの違い。 会社で一所懸命...

  • 自己確立の5条件(事業継承・二代目に必要な資質)

    事業継承、二代目の社長に求められる条件肉親(親、兄弟、夫婦)の意見に対して反発しない。(聞きな流せる力)反発しているうちは自己確立されていない。運命上、自己確立の5条件。①一つ売るときに、片方のポケットにもう一つの良い商品を隠し持つこと。②自分のノウハウはしゃべる必要はない。だから話下手になる。ほかの良い意見は聞いて盗み聞き上手になる。③何かが動く時がチャンス!(人事異動など)株などもずっと動かなか...

  • チャンスに対しての行動の速さ(二代目に求められること)

    チャンスに対しての行動の速さ。これから先の後継者は、このような知恵が必要。頭の柔軟性。何かにとらわれない柔らかい頭脳。後継者が頑固だと必ず失敗する。初代は頑張る頑固が多い。年齢に比例して頭は固くなるのは普通の人。オーナーは、50代60代でも柔軟性が必要です。そのためには聞き上手になること。話し上手では心の中で何を思っているかすぐばれてしまうからです。絶対的に安全なのは聞き上手で話下手。(2代目後継...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫