朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不運に弱いのは女性より男性

男性というのは非常に不運にもろいんです。


女性は不運になったら、しょうがないから次はこうしましょう。

とすぐ次の行動ができるのです。


これは女性のたくましさですね。
貧しさに強いの女は女性といいまして、土壇場に来た時に非常に女性は強いんです。

ところが男性は今までできたものが崩れると、途端に弱くなるのです。

どうしていかわからずあたふたする。これも男性の特色なんです。

運の世界とは波がありまして、上がったり下がったりを繰り返しながら
人の人生が作られています。


この波の中で、結婚したり、起業したり、事業を拡大したり、倒産したり、離婚したり、・・・
この運勢はある時を境にしてこれまでの流れとは全く逆になる流れもあります。

例えば、今までは電気の卸し売りをしてうまくいっていたとしても、
同じ商売を続けているとどんどん下がってしまう。


ある期間の間で職業を変えると 一時期は下がってもちゃんと戻ってくる。
そして非常に晩年期は豊かな運勢になっていく。

発想の転換をして頂いて商売を少し変える、今まで扱ったことないような
問屋さんに切り替えるなど・・・・
そうするとこちらの別の線で上がっていく。ただこれだけのことなんです。

要は発想の転換さえしてもらえればこの運は何ら悪いことはないのに、
このままでいくと酒の量はもっともっと増えます。


というような運の流れもあるという事です。

その結果仕事はどんどん下がり、奥様も御苦労します。

奥様のほうが運が強く夫がいなくても一人でやっていけるくらいの奥様に
食われてしまう場合もあるという事ですね。

女性は、逆境や土壇場に強いのです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。