朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

会社オフィスを何階に置くかによって発展性に影響がある不思議。(社長室は重要)

あなたの会社のオフィスはビルの何階に入っていますか?



会社のオフィスというのは偶数階奇数階があるのですが、

会社の中心になるところや
社長室などは奇数階に作った方がよく非常に発展が早いのです。


東西南北というと皆さん平、平面にお考えになると思いますが、
天と地があるとすれば、天に行けば行くほど南にいくことになり、
下へ行けば行くほど、地下にいけば行くほど北に行くことになる。

地上にいる人にはわからないのですが宇宙飛行士にはよくわかるのです。

月をめざして飛び立ったときは南へ、地球に帰って来る時は北へ向かう。

これが発見されたのは1000年くらい前なのですが。


また、社長が男性か?女性か?によっても階数は変わります。ここは非常にポイントになります。

社長が男性の場合は奇数階がよく、

女性が社長の場合は偶数階がよい(陰陽の考え)。


1500社ほど統計をとってみた結果、

倒産した会社というのは 8割は偶数階にあるのです。(全部男性の社長)。


また
社長室で社長さんが北を背にして坐っている会社というのは非常に安定してるのです。
目上、社長の立場、席は北に配置するのがベストです。


上座と下座があり、下座(北)に座るのは権力のある人で、社員に対して統率力がよいのです。

しかし南を背にして坐っていると社員さんが全然言うことをきかない。

社長が一人で働いてみんなを食べさせているという会社になってしまいます。

または下克上になってしまう


会社が移転する場合、
ビルの階数に合わせてフロアの方向も同時に考えていかなければなりません。


目に見えない知恵ではありますが、長い蓄積で統計的にとってみてこの方が良さそうだ
ということで出てきたものです。


天地自然の法則が存在します。

この様に、多くの人が働く会社のオフィス環境、重役、社長室、・・・・


どうでもよくありません。


目には見えない力が働いているということありますから。


あなたの会社の業績や発展性は、人の力と環境の力、総合的に整えることが大事です。


スポンサーサイト