朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下が会社に大きな損失を出した時、経営者であるあなたはどうするか?

あなたが会社の経営者であったなら

部下が大きな(数千万)の損失を出してしまった時どうするか?


経営者の悩みは大きく分けて

・どうすれば利益が出せるか?

・人の問題

・資金の捻出


社長とは、一人で会社を運営してるわけではありません。
会社、社員によって助けられているとも言えます。


大企業で、社員の数が多いほど、その多くの社員のエネルギーや運に
すくわれているという事もある。


運の良しあしは、個人であるほど、ダイレクトに受けるものです。

集団となると、集団の運があります。


例えば、社長の運勢が今年悪かったとします。

しかし、多くの社員の運というもに支えられ、助けられて乗り切れるという事もあるのです。

逆に、社員の運勢があまりよくない。損失を出してしまった後始末を

運勢の良い状態の社長がなんとか、被害、損失額が拡大する前の火消に一役買っている。


という時もあるわけです。



あなたの部下が大きな損失を出してしまった時

一度の大きな失敗で、その部下を、即、くびにしてしまいますか?

それとも、過去に会社に貢献し、利益を出してくれたこともあるその社員に
損失を挽回させるよう叱咤激励しますか?



経営者の器が試される瞬間です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。