朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血族で構成された組織体の作り方

血族で構成された組織体の作り方

家族、親子、親せきなど、血族で構成された同族企業は多い。

多い中で、血族間での争いも多い。


同族経営の強みは、家族ならではの強固な繋がりがある。


これが吉とでるか凶と出るか?

大塚家具のような骨肉の争い、親子間の争いを避けるためには?

運命の世界には、運命には逆らえない約束事が存在し、この様な視点で
企業のコンサルティングをしている人は数少ないであろう。


ここでは運命の世界の約束事における血族で構成される会社経営のコツを
お伝えしたいと思う。



まず御親戚ばかりでたくさん寄った時に、それぞれの役割というのは、

だれが創業したかというのがポイントになるのです。



会社の本業というものは創業した人と長男ですべてやらせる。

不動産関係や財産資産に関するものは奥さん(お嫁さん)
の親せきの方々が担当されるとよい。




創業者の二男や三男は、物事を作り出す製造に関する部門
を担当していかれると非常に役割の配分ができてぶつかり合いがなくなってくる。



と言いますのは、お金だけは女性が握った方が大丈夫なんです。


どうした事か、不動産というのは男性よりも女性が握る方が安心で決して減らない傾向があります。



男性の方の親戚関係が全財産を握るとどうなるかわからない。


非常に不安定になる。
ずるいことをするとかではなくて運勢的に女性側が財力を握るほうが安定する。


名義は男性の名前でもいいですが経理はお嫁さんにやらせるのが良いのです。



家族経営の場合の企業相談。
金融や税金、経営のプロはおりますが、この様な

天地自然に反さない経営コンサル。


長期安定的な企業運営には最も重要な骨格となるものです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。