朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営者が心得ておくべきこと

運命曲線は概略的なものなので、上がり方の幅は


生き方によって違ってくるものです。


つまり、ここぞのチャンスがめぐってきたとしても


本人に「行動する意思」が無ければ、運は上がりません。


当たり前ですね・・・・・。


運が見方をしている時は「動」(行動)するべきであり


運が落ちている時は「静」(守り)の時であります。


チャンスの時の行動のあり方が大胆でダイナミックなほど


上昇の度合いも高くなります。




運が下がって来た時というのは、口出しはしても動かない。

運が上がっている時は大いにどんどん動いていくべきなのです。



つまり


上がる時は行動し、下がる時は精神を強くする。

これが一番上手な活用方法になるかと思います。


経営者は、多くの社員抱えています。


という事はどのような事かと言うと、


多くの人の運命を握っている。

と言うことなのですよ。


更に言えば、その社員の家族の運命も握っている。



トップの使われ方によって社員さんの運命が変わるんですよということ。


それだけに人の上に立つ怖さというものがあるんです。



単に人を使うというのではなくて、人の運命を握っているんだ


ということを考えいただきたい。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。