朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

適職才能のパターン

【適職才能のパターン】


適職とは表面に見える能力です。


収入を得て生活をする為の職業では、まずは適職の分野の仕事、職種につくことが大切です。


才能とは隠れている能力です。

才能とは、収入にならない能力を言います。自分の中に潜在している能力。


「適職」が主であり、「才能」が従


この関係をしっかりと理解することです。


また、適職においても、才能においても、大きく分けると2つの分野に分類されています。

「現実的世界」「精神的世界」です。



パターン1

適職は現実的な分野の仕事
才能は精神的な要素


パターン2

適職は精神的な分野の仕事
才能は現実的な要素

パターン3

適職は現実的な分野の仕事
才能は現実的な要素

パターン4

適職は精神的な分野の仕事
才能は精神的な要素



例として・・・・・

男性Aさん(医療従事者)
パターン2の本質をお持ちの方だとします。

適職は精神的な分野の仕事
才能は現実的な要素


医療においても様々な分野が存在します。
診療内科・精神科・カウンセリング・心理療法に適した人となります。

①心理療法(精神療法)
②催眠療法
③バイオフィードバック:生体情報を計測し、フィードバックして認識することで心身状態を良くするための自己コントロール
④イメージ療法
⑤瞑想
⑥音楽療法
⑦芸術療法
⑧アロマテラピー


こういった分野の研究や知識を生かした仕事をすれば医療の世界の中で本質を生かせる事となります。
周囲からの評価も上がり、応援者も自然と集まり、運も上昇して参ります。


収入を得て行く為の職業として、このような方向性の仕事をすることで本質が生かされます。

更に職業を後押しする才能として現実的才能である、「人脈作り」「組織作り」「地域コミュニティーにおける活動計画」など、

「現実的に目に見えた形」

での動き、行動力、立場(肩書き・資格)を生かしながら適職の仕事を主にしてゆくこととなります。


この男性が、適職である分野の仕事をしていたとしても、現実的な「行動力」といった才能が生かせなければ、勿体ないと言うことです。

才能は、楽して発揮できる質のものではないと言うことは冒頭にもお話致しました。

おそらく「行動力、決断力に欠ける」部分を本人が意識的に努力して、失敗も含め経験から得るものを力にしてゆけることが出来れば、適職を後押しする要素となるでしょう・・・と言う事になります。


適職と才能が一致した仕事で幸せを感じられます。

















スポンサーサイト