朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オリンピック開催と今後の日本

東京でオリンピックが開催されることが決定しましたね。



東京に決定されるまでの経緯も外国の方の日本に対する印象もやはり「福島の原発」問題が一番の懸念の要素になることは誰しも感じていたことでしょう。


しかしながら、最終的には日本のオリンピック招致団の皆さまのスピーチ、立ち居振る舞いは素晴らしいものでした。

改めて東京開催がきっかけとなって私達日本人に

「美しいにっぽん(日本)」

に甦らせる神様からのチャンスを与えられたのかもしれないと思いました。


この7年、6年の間にはオリンピックに向けた準備が急ピッチで行われてゆく分けであり、当然経済の流れや需要も大きく変化します。

■健康・医療
■観光・自然
■水(水資源の確保、汚染水問題対策含む)
■新しいエネルギー参入
■道路・交通・建築
■語学力の向上
■道徳教育(教育の見直し)
■スポーツ界全体の活性・選手の強化
■警備・テロ対策


まずは、このあたりの需要や改革が求められてゆくでしょう。

開催地である日本は、世界中からあらゆる角度で注目されてゆく7年間でもあるのです。

ある意味、必死にならなければならない環境となった訳ですからいい加減なことはできません。

特に「政治」を含めて、外交も重要なポイントとなります。

日本が世界のお見本となるような国に生まれ変わることが出来るチャンスの7年間であると私自身は感じています。

まさに正念場。

これから7年間の間にも様々な出来事が起こりうるわけであり、自然災害も含め絶対に何もないと言うことは言いきれません。

経済の問題、日本全体の問題としてこのオリンピック開催を考えてゆかなければならないでしょう。




オリンピック開催まで7年間に様々なものが改革され、建設され、強化され、新しいものが生み出されてゆくわけです。

このオリンピック開催までの期間を

「自分自身・企業の設計の時間」

として考えてみるのが良いのではないか?

この7年の間に自分自身は何を目標として、実現されてゆくのか?

企業としてどのように発展してゆくべきか?


目標達成地点を7年後当たりに設定して考えてみると言う発想です。



これは個人や企業の宿命、運命、運気等と言った話ではなく、もっと大きく捉えた次元の話です。


「7」と言う数字は1週間の単位と同じように私達の人生、人間のリズムに根付いた時間であり期間です。

7年間を更に分散してみますと


3・3・1の法則となります。


物事の進め方を3つずつ、3つずつ、最後にまとめる1つとして捉える法則です。


目標を3つ掲げる

コアとなる人を3人集める

事業計画を3つの柱で構築してみる



この様に3つのまとまり、3つのまとまり、で思考し、最後に全体の1つをまとめてゆく発想とリズム感です。

人の頑張りも集中力も、3日働き、3日働き、1日休む。


3日が人の集中力は限度があると言うことです。


東京オリンピックまでの7年間には様々な世の中の変化があるでしょう。

これから必要とされる人材、需要、業種、働き方、企業の体制が様変わりするでしょう。


これからは逆転の発想が成功を作ります。


これまでの世の中の常識の逆を行く


今までになかった考え方、発想、グループ、働き方が成功のカギとも言えると言うことです。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。