朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

開運したければこうしましょう

開運するにはどうすればよいのだろうか?

仕事がうまくいかない・・・
モチベーションが上がらない・・・
思うように物事が進展しない・・・
踏んだり蹴ったりだ・・・
嫌な想いをさせられることが多い・・・

等々・・・・


開運したいと思っている人は多いと思います。


「開運」は「改運」とも言います。

開運が先か?(開く運)

改運が先か?(改める運)


運を改めるとはどういうことでしょう。

じっとしたまま「運を上げたい」と心で思っていてもダメだと文字がおしえています。


運を改めるですから、たとえて云えば新規開店するってことですね。


新規開店とリニューアルとは違います。

とことん窮地の崖っぷちだと思ったら、いままでの自分を捨てて、思考パターン、行動のあり方、人間関係、環境、体制、まったく新しい環境や組織を始めれば

「改運」→「開運」になります。

改めたことによって、「開運」の道開くです。



不運を嘆く方々を見ていると「これしか無い」と決めているんですね。

ひとつのモノを突き詰めて掘り下げていくのも大切ですが、発想の転換がないと生きにくいですよ。

思い切って新しい組織や体制を立ち上げてみる。

新しいネタや人材を投入してやってみる。


これも「改運」の方法ですよ。


行き詰まって精神的にも肉体的にも限界や窮地に追い込まれることは人生何度も有ります。

生きていれば。それをどう切り開いて行くか、そこがカギですね。

私自身は運を上げてくれる人ではなく。

運が上がるアドバイスをする人です。


勇気を持って実行すれば運は上がります。窮地に立った人は選択の余地がありません。

落ちるところまで落ちると、運が上がる、と言うのはあながち間違っていないのですね。



しかし、変なプライドが邪魔をして、変な自身があるがゆえに実行しないでズルズルと落ちてゆく人が多いことも事実です。

もしくは、自分の思うように結局は選択して無理して頑張り過ぎてしまう。

もう少し頑張れば・・・・

後もう少し辛抱してみれば・・・


この様に、もう少し、もう少し・・・と乗り越えなくてよいものを頑張って乗り越えて行った結果、取り返しのつかない結果を招くことも人生起こりうることです。


どこで立ち止まって気付けるか?

思い切って改革できるか?

発想の転換に従えるか?


人は慣れ親しんだこと、自分自身の行動パターンや癖があります。

その慣れ親しんだことや信念を途中で変えることは、非常に葛藤と苦しみが生じます。


しかし、ここが大きなチャンスです。



小さなことからでも良いのです。できることから実行してみる、チェンジしてみる、仕切り直してみる、退いてみる、融合してみる、意見を聞いてみる、・・・・・。


開運を望むのなら・・・

改めることが先決である。



思考、行動、改めた先に開運がある。


自分自身の心の奥を見て運を上げる!

友人、仲間、近くにいる人にイラッとすることありませんか?

この人のこういうところがキライ!

と思うその場合は、

相手に対する嫌悪こそが、自分自身がもっともこだわっている部分なんです。


自分も持っているか、または持ちたくないと無意識に思っているところ。

自分が何にこだわっているかを探るには、怒ったときに出る意識を分析してみましょう。

それは運を上げる手かがりになります。

開運へ導く為の

行動改めカレンダー

このタイミングが最も重要です。

__ 3 (2)


結果を良くしたければ!

原因となる始めを重視せよ!


先手必勝転ばぬ先の杖

自分だけのオリジナル

運勢goodタイミングカレンダー詳細お申込みは
↓↓↓
こちらです。







スポンサーサイト