朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然界の現象は現実界の現象でもある

人間界(現実界)における軍略を考える時

人間が自然界のどこに位置しているかを知らずして

それを考えることは出来ない

大自然の構造や現象は

即人間界(現実界)の構造である



2013年は癸巳年です。

五行の「気」で分類するならば、「水」と「火」です。


今年も残すところ3か月余り。この1年間の自然現象を思い起こしてみてください。

水と火の勢いが「想定外」であったことを実感せざるを得ないでしょう。


夏は、猛暑が続き熱中症で倒れる人々

世界でも高温の地域による干ばつや山火事・・・暑さの加減が極端になりつつあります。

そして水の被害、台風による土砂災害、河川の氾濫、洪水、放射性物質を含む汚染水問題・・・

これから年々勢いを増していくことが想定できます。

自然を相手に「想定外」に対する対策を完璧にすることなど、もはや困難な時代になりつつあるのです。


「自己防衛」「自分の身は自分で守る」「食料の備蓄」「保険の見直し」「建築物の耐震」「住まいの地盤」


これほどの自然現象を単に異常気象だと思っていたら間違いです。

自然界に起こることが現実界に転写されるしくみ


人間で言えば・・・


「考えている事」(自然界)が「現象として現れる」(現実)といったイメージです。

自然そのものは本来バランスが取れており、春夏秋冬の季節に適した丁度良い空間があるものです。

食も動物も自然も、バランスを取りながら自然淘汰されながら、今日まで保ってきている訳です。


しかし昨今は高度な文明発達によって失われたものの代償として「自然界の崩壊」があります。


私達人間は、そもそも自然の一部であることを今一度思い出さなければなりません。

自然(精神性)を無視して、実(便利、利益)のみを追求してきました。

失われたものの一つに「教育」があります。「道徳心」があります。

私達には一人一人役目があり、適した環境や仕事、人間関係があります。

持って生まれた本質を自然に歩むことができれば矛盾なしです。


自然そのものに良い悪いはありません。

企業における五行論は、精神部署と現実部署に分けて適材適所に人材の能力を、仕事を配置する考え方です。

一つの企業が大きな円であることをイメージしてみてください。

その円を縦割り、横割りにしてみてください。

縦の世界を精神部署(企画部・コンサル部・役員・アドバイザー・流通・広報)

横の世界を現実部署(財務・法律・新規開拓事業・防犯・営業・製造)

と言った具合に大きく分けて、人材の本質に合った立ち位置に配属し会社を運営してゆくことです。


専門家集団であればなおさらです。


一つの企業内において様々な部署が存在し、多種多様な才能を持つ人材が所属している訳です。


円の中心は勿論会社の社長であり、経営陣、中央集権のようなものです。


その中心となる社長(企業)を東西南北の4方向からしっかりと支援してゆくシステムです。


会社のOB・役員(北)

取引先関連企業(東)

部下・下に従うもの(南)

補佐役・秘書(西)


江戸幕府が何故300年続いたのか?

ここに答えがあります。江戸幕府は、この5行システムを士農工商でしっかりとシステム化された5行の政治が幕府を中心として行われていたのです。


これを企業、家庭、あらゆる組織や団体の中で構築し、自然の流れや時代背景を熟知しながらその時代が求めること(自然)に答えを求めながら推し進めてゆく発想が今後益々求められるのではないでしょうか?


自然に反さない生き方こそ「豊かさ」であり「発展」であり「長生き」です。

息の長い会社経営とは、このように立体的に物事を捉え、企業の中に5行戦略を構築することが安定的かつ発展性を望めるこれからの形ではないかと考える訳です。


運命学の極意に・・・・


自然に反するものは淘汰される


自然に調和できるものは生かされる


といったものがあります。



2013年も残りわずか。今まさに「集団」組織の再構築です。

あなたの企業には何人の侍がおりますか?




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。