朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

日本国にとって2014年とは?

私達に生年月日、お誕生日があるように、結婚にも、企業にも、動物にも、国家にも生年月日、お誕生日があります。

宿命は生年月日。

この世にうまれたお役目です。


どの様な性格、本質を持ち、適職、才能、円滑な人間関係、結婚、家系、長所短所、子育て、親子関係があるのか?

自分の宿命に合った環境(運命)に身を置けばおのずと運は上昇します。

人の人生とは、宿命のみでは語ることはできず、環境と言う接点を見ずして語ることが出来ない事を熟知せねばなりません。

人は、環境によって性格も変質すると言えます。


もともと1人の世界で創造すること、精神性重視、無から有を生み出す事が本質に備わる宿命の人間であっても、生まれた家系、や親子関係、環境が商売の環境に置かれて育てば、その本質は、庶民的、行動的、現実的な思考形態の活発な人間として形成されてゆくと言う事を加味して1人の人間の人生や運勢と言うものを判定してゆかなければ意味をなさないのです。

私達には「意識」と言うものがあります。

同様に、学校、企業、集団にも意識が存在すると言う事を理解している人はどれくらいいるのでしょうか?


結婚記念日は、2人の結婚の誕生日です。結婚生活における未来が見えてきます。

企業の設立年月日は、企業の質や得意分野、採用すべき人材や力をいれるべき内容や、企業理念、会社の衰退と繁栄時期、企業を象徴するカラ―や社長の適した交代時期や経営方針が判定できます。

動物にも誕生日があります。動物は自然そのものですから、持って生まれた性格や意識が顕著に表れます。家族同然のペットの意識を理解することができます。ペットと人間の相性もわかります。


では、日本と言う国は?


人だけではなく、国家にも「意識」が存在します。国家の宿命は、その国の憲法が施行された年月日を基準として時代背景や現象を捉えてゆきます。

日本の国家は1947年5月3日をもって、私達日本の宿命や運命、国家の質がわかります。

人だけではなく、集団や国家にも、「誕生の気」が存在するのです。

集団や組織、企業、国家運営は「人間」が動かします。
その人間が、企業や国家を理解することから「和合」が生まれます。


運気は日々流れ、人間、企業、国家に対してどのような課題やテーマが与えられているのか?

さて、今日は建国記念の日。


日本国にとって、2014年はどんな1年なでしょうか?


大きく捉えると、「公の伝達」がテーマの年です。

伝達にも二種類存在し、個人的な伝達と、公の伝達があります。
個人の考えや感性に基ずいた伝達は音楽や舞台、絵画、・・・といった、個の感性が加わりますが、公の伝達とは、事実を事実のままに伝える、体験談、経験談として伝える等の世界を言います。

例えば、ニュースや報道の世界は、事実を公に伝えますね。この様な違いと思ってください。


今年の日本国は、公に、近隣諸国に、世界に、国民に対して「伝達」するという「気」が宿っています。それも、「未来」に対してです。

日本国の未来と言うものを考えた時に、私達国民は、事実を事実のままに、ありのままを伝える事を求められる年です。


長年、こうだと伝えられてきた事、思いこみなどが実はこうであった!真実を知る。素直な心持で聴き入る・・・という事が挙げられます。

その他にキーワードとして・・・・

「健康」「食」「子供」コミュニケーション」「中庸・バランス感覚」「自然体」

と言うものが挙げられます。


健康について・・・日本が病気状態だとしたら?国民の健康のあり方、意識、医療、自然に対する捉え方を問われています。

食について・・・私達が口にするものの安全性、管理、食のバランス、食育、生産のあり方が問われています。

子供について・・・日本の未来をになう子供の支援、安全、教育、子育て、個性を伸ばす事の重要性が問われています。

コミュニケーションについて・・・隣近所に住む人達同士の繋がり方、コミュニケーション、理解、職場や地域における繋がりを問われています。

中庸・バランスについて・・・偏り過ぎない思考、生活、食、物質、自分自身の軸をぶれさせない感覚を問われています。

自然体について・・・自分らしさを失ってはいないか?無理していないか?ストレスをため込み過ぎてはいないか?自分に正直に生きているか?と言う事が問われています。




日本の国としての2014年のテーマ・気、そのものがこれらの意識を宿していると言うことです。


国家を代表する公の伝達を担う重要人物とは誰でしょうか?

一国の総理大臣でもある安部総理の発言や、諸外国に対する発言やコミュニケ―ション(外交)が最も大事な今年であるとも言え、発言を慎重にすべきとも言えます。


日本国として、医療、食糧、子育て、自然、について大きなテーマ、課題としてある2014年。

新しい細胞や研究成果、医療技術の開発が話題になっております昨今。今年を正に象徴している出来事です。

いかがですか?

建国記念日である本日、皆様にも、是非、日本に住まう国民として、是非この事を念頭に2014年をお過ごし頂けたらと思います。


五行論における幸福の世界で捉えれば、2014年は「仁徳」の年です。

「やさしさ・おもいやり・幸福感」の世界です。

一人一人の幸せのあり方を考える年です。

医は仁術なり

本当の意味での医療従事者とは、患者をおもいやる精神を備えた人間に役目があると言う事です。





スポンサーサイト