朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独裁主義は時代遅れ

思い通りに物事が進まない

企画が実現に至らない

途中で修正をしなければならない事が生じる

・・・等。


①自分を中心に周囲を巻き込む

②相手を中心に自分は巻かれる


何かを推し進める事業や戦略において、

「今、自分の状態はどちらが得策か?」


目には見えない「運気」において、

自分に運が味方しているときならば①の方向で。

自分に運が味方していないときならば②の方向で。




時に、物事の停滞や実現に至らない状況において考えられる事として、これまでの自分自身の考え方や周囲との関わり方、方向性をチェンジしなければないないというシグナルでもあります。

「自分を顧みる、反省する」

幸福、好転現象に転じる気付きです。

立場が上になればなるほど「気付きにくくなる」事はあります。

時には、相手に主導を持たせ、協力する形で先行させることによって、自分の停滞した運気を良好な形で乗り切ることが可能です。

自分自身の運が出番の時なのか?控えの時なのか?

控えの時なのであれば、自我心は控え、相手の意向を重視し協力する支援体制の立場、役割として相手を先行させてあげることが結果的に、共に恩恵を得る未来を作ります。

そのような時期、タイミングがあることを知っておくと良いです。



「押してもダメなら、引いてみな」







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。