朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名刺は顔の一部です

名刺で企業や人のビジネス運がわかる

名刺はビジネスマンであれば当り前のように持つもの。

初対面の相手や営業において自分や自分の会社の事業や知名度・地位・立場を知らせる大事なツールです。


一枚の名刺が自分自身と考えれば・・・・
極端なたとえ話とすると、健康的なイメージを与えるのか?不健康そうなイメージを与えるのか?

名刺にも吉相名刺と凶相名刺があります。
名前をどこに置き、社名と名前とのバランスを考え、肩書きの行数・位置・ロゴマーク・顔写真の有無・キャッチコピー・書体・色・線・紙の質等・・・。

名刺を見れば、その会社の状態がおおかたわかってしまうとすれば?

新規事業や顧客、人脈が増大する方位、名誉・閃き・創造性・資金・通信・部下運・目上運・など、それぞれに適した方角が存在し、ビジネス成功に適したシンプルかつ、バランスのとれた名刺は自分自身と、会社の開運名刺となるわけです。

開運名刺は、自分や自社のみならず、その名刺が手に渡った相手にも「開運気」を渡すことにもなります。

同じエネルギーで引きあった事業パートナーとして、手渡された良好なご縁の人や企業が集まってくることでしょう。

社名や、会社のロゴマーク、企業理念は経営者が決定することが多いでしょう。運気の良い名刺を作成するということは、会社の社員ひとりひとりのビジネス運を上昇させることにもつながるでしょう。

なんとなく作成する名刺と、ビジネス強運の開運名刺は、天地の差があります。

会社のテーマカラー、開運カラー、キャッチコピー、企業理念、等、会社の設立年月日から鑑定可能です。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。