朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

運の良い企業の社長は・・・

強運の持ち主が経営者の企業とは

業績が安定している
事業拡大に成功
会社内の雰囲気が陽気
社員ひとりひの活力がある
組織の団結力がある
社内の環境整備、清掃が行き届いている
関連企業、取引先、人の出入りがエネルギーとなって会社に活気を与えている
社長の企業理念が、末端の社員ひとりひとりに浸透している


など様々ですが、実は社運や会社の運気とは、代表者の想念でほぼ決定しています。

それほど代表者の「志、想念、決定、方向性、人格、知性」によって会社全体の「社気」が陽なのか?陰なのか?影響を与えている存在だということです。

たとえば、どんなに便利で世の中に必要とされる製品を製造する会社であったとしても・・・

A社の社長は利益追求、会社業績を上げることを目的として販売

B社の社長は、世の中の役に立つため、お客様が喜ぶことを目的として販売

なんとなく、不思議と、同じ製品でもB社の製品が売れてゆく現象が起こりうるということです。

ここで重要なものが、「心」どのような目的でその製品を製造販売してるのか?という違いです。


小さいようで、大きな違いがここにあります。

強運の持ち主である社長(人)が行っている日頃のポイントの一つに


早寝早起き
があります。
 

一日のスタートが早いということです。

朝4時には起床して、4時~5時の間に、ゆったりとした時間をもち、一日の行動、予定を確認し、早くに出社します。

昼と夜がありますが、昼が陽の気、夜が陰の気。

社会活動の始まりである陽の気が始まる時間が朝の5時からです。


「気」が一番新鮮な、この時間帯に運の良い経営者は、自然とそのサイクルに合った生活を送っています。

早寝早起きの習慣だけでも、思考は明瞭化し、健康的に、閃きやインスピレーションも得られる開運体質になるでしょう。


スポンサーサイト