朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

個人で運を掴む人・集団で運を掴む人

人は誰しも、「宿命」と言う持って生まれたこの世の役目があります。

何を幸せとした人生、目的、チャレンジ、環境、仕事、なのか?

特に「仕事」「経済」「人縁」「発展」

において、自分自身は「個人」と「集団」どちらの環境において活躍できる「器」を持っているのか?という基本的な事を熟知せずして大きな発展は困難です。


「矛盾があれば悩みとなり」

「矛盾無ければ発展となる」


「悩み」における大半は、自分自身の本質に対して矛盾が生じたことから生じることにほかならない。

対社会、人間関係、財運、仕事において自分自身が「個人」としての環境で本質を発揮するものを備えているならば、個としての活動、仕事の仕方。

「集団」としての環境で本質を発揮するものを備えているならば、集団・組織という環境の中で活躍する。

人は、紆余曲折、悩み葛藤しながら自分自身の居心地の良い働き方、環境を模索するものです。

「はじめから自分に合った環境を把握していたならば?」

目指す目的に対する到達が早くなるのは当然です。

例をあげると・・・・・


①個人プレーが本質なのに組織集団の中にいる

②集団組織が本質なのに個人で活動している


自分の器と逆の環境で悩む人が多い現実。その処世術、改良法は?

なかなか転職や、今ある環境を大きく変化させることは難しい・・・ならば?

自分の器と環境を近つけてあげることです。

①であれば、集団組織の中において、個人の能力が発揮できる部署、業務、仕事を目指す事

②であれば、将来的に独立を視野にいれた組織のなかでの経験、実績を作ること。組織、グループ作りの中で自分自身の立場、役割を見出す事。


です。

幸運と不運は自ら改良することが可能な訳であり、自分の本質と環境が一致すると言う事は自然であるという運命学の法則が成立する訳です。

自然界を眺めれば、常に中庸、バランスがとられていることがわかります。
自分に合った環境は自分の花を咲かせるに適した土壌のようなものです。

本来の企業における人事、適材適所、採用は、一人一人の「持って生まれた器」に適した環境や業務、働き方を提供することで創造的な業績を伸ばす事となります。

企業利益の最大は、「人の能力を発揮できる環境を整備すること」


世の中の企業において、人事部の責任者は、この当たりを熟知した人材が要でもあります。

大きく成長する企業には・・・・

業績を伸ばす為に、人材の本質を重視した適材適所(全ての社員を生かす)の人事を心がけている

遣り甲斐をもって働く人材を多く抱える企業ほど、力強く安定しています。


一人一人の才能、収益を生み出す職種、環境をアドバイスするのが、企業における人事鑑定です。

人を生かす

会社を生かす

これが本来の有り方だと思うのです。













スポンサーサイト