朱翠算命占術

朱翠算命占術

Author:朱翠算命占術
一子相伝・門外不出の帝王学である算命学を主体に、陰陽五行論に基ずいた五徳の精神、色彩・健康・食・温泉・人生における開運術を多角的にアドバイス。天地自然の法則や気を研究し「心技体」バランスの整った幸運体質を作る為の処世術をお伝え致しております。個人・企業鑑定、国家時代背景を熟知し、企業経営や戦略アドバイスに力を注ぐ。

フリーエリア

最新記事

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下が会社に大きな損失を出した時、経営者であるあなたはどうするか?

あなたが会社の経営者であったなら

部下が大きな(数千万)の損失を出してしまった時どうするか?


経営者の悩みは大きく分けて

・どうすれば利益が出せるか?

・人の問題

・資金の捻出


社長とは、一人で会社を運営してるわけではありません。
会社、社員によって助けられているとも言えます。


大企業で、社員の数が多いほど、その多くの社員のエネルギーや運に
すくわれているという事もある。


運の良しあしは、個人であるほど、ダイレクトに受けるものです。

集団となると、集団の運があります。


例えば、社長の運勢が今年悪かったとします。

しかし、多くの社員の運というもに支えられ、助けられて乗り切れるという事もあるのです。

逆に、社員の運勢があまりよくない。損失を出してしまった後始末を

運勢の良い状態の社長がなんとか、被害、損失額が拡大する前の火消に一役買っている。


という時もあるわけです。



あなたの部下が大きな損失を出してしまった時

一度の大きな失敗で、その部下を、即、くびにしてしまいますか?

それとも、過去に会社に貢献し、利益を出してくれたこともあるその社員に
損失を挽回させるよう叱咤激励しますか?



経営者の器が試される瞬間です。


会社オフィスを何階に置くかによって発展性に影響がある不思議。(社長室は重要)

あなたの会社のオフィスはビルの何階に入っていますか?



会社のオフィスというのは偶数階奇数階があるのですが、

会社の中心になるところや
社長室などは奇数階に作った方がよく非常に発展が早いのです。


東西南北というと皆さん平、平面にお考えになると思いますが、
天と地があるとすれば、天に行けば行くほど南にいくことになり、
下へ行けば行くほど、地下にいけば行くほど北に行くことになる。

地上にいる人にはわからないのですが宇宙飛行士にはよくわかるのです。

月をめざして飛び立ったときは南へ、地球に帰って来る時は北へ向かう。

これが発見されたのは1000年くらい前なのですが。


また、社長が男性か?女性か?によっても階数は変わります。ここは非常にポイントになります。

社長が男性の場合は奇数階がよく、

女性が社長の場合は偶数階がよい(陰陽の考え)。


1500社ほど統計をとってみた結果、

倒産した会社というのは 8割は偶数階にあるのです。(全部男性の社長)。


また
社長室で社長さんが北を背にして坐っている会社というのは非常に安定してるのです。
目上、社長の立場、席は北に配置するのがベストです。


上座と下座があり、下座(北)に座るのは権力のある人で、社員に対して統率力がよいのです。

しかし南を背にして坐っていると社員さんが全然言うことをきかない。

社長が一人で働いてみんなを食べさせているという会社になってしまいます。

または下克上になってしまう


会社が移転する場合、
ビルの階数に合わせてフロアの方向も同時に考えていかなければなりません。


目に見えない知恵ではありますが、長い蓄積で統計的にとってみてこの方が良さそうだ
ということで出てきたものです。


天地自然の法則が存在します。

この様に、多くの人が働く会社のオフィス環境、重役、社長室、・・・・


どうでもよくありません。


目には見えない力が働いているということありますから。


あなたの会社の業績や発展性は、人の力と環境の力、総合的に整えることが大事です。


不運に弱いのは女性より男性

男性というのは非常に不運にもろいんです。


女性は不運になったら、しょうがないから次はこうしましょう。

とすぐ次の行動ができるのです。


これは女性のたくましさですね。
貧しさに強いの女は女性といいまして、土壇場に来た時に非常に女性は強いんです。

ところが男性は今までできたものが崩れると、途端に弱くなるのです。

どうしていかわからずあたふたする。これも男性の特色なんです。

運の世界とは波がありまして、上がったり下がったりを繰り返しながら
人の人生が作られています。


この波の中で、結婚したり、起業したり、事業を拡大したり、倒産したり、離婚したり、・・・
この運勢はある時を境にしてこれまでの流れとは全く逆になる流れもあります。

例えば、今までは電気の卸し売りをしてうまくいっていたとしても、
同じ商売を続けているとどんどん下がってしまう。


ある期間の間で職業を変えると 一時期は下がってもちゃんと戻ってくる。
そして非常に晩年期は豊かな運勢になっていく。

発想の転換をして頂いて商売を少し変える、今まで扱ったことないような
問屋さんに切り替えるなど・・・・
そうするとこちらの別の線で上がっていく。ただこれだけのことなんです。

要は発想の転換さえしてもらえればこの運は何ら悪いことはないのに、
このままでいくと酒の量はもっともっと増えます。


というような運の流れもあるという事です。

その結果仕事はどんどん下がり、奥様も御苦労します。

奥様のほうが運が強く夫がいなくても一人でやっていけるくらいの奥様に
食われてしまう場合もあるという事ですね。

女性は、逆境や土壇場に強いのです。


一言にいっても「お金」に対する意識、使い方、持ち方も

宿命によって様々。

その人自身が所有している「財の星」をどのような形、場所に所有しているか?

を見ることができます。


その人のお金に対する価値観が見えてしまうのですね。

この、「財の星」は持って生まれている人もいれば、 持っていない人もおります。


しかし、財の星を持っていないから貧乏、成功できない、
お金持ちにはなれない、ということではありません。


財の星には4つのパターンがあります。

①頭にのせているだけの、いつ落ちるかわからない財

②見せびらかしたい財

③腹にしっかりしまっている財

④右手にしっかりと握りしめてため込んでいる財


財の星の出る位置によって、その傾向が見えます。

「この人、ちゃんとお金持っているな」

と言う命式がわかります。


③と④に財の星を持っている宿命の人は、お金持っております。

ビジネス成功してます~儲かってます~人が集まっています
を積極的にアピールしてるタイプは、①、②の傾向が。


総てこれにあたりませんが、だいたい自分自身のお金に対する意識、扱い方、
が、その人にとっての金運とも言えます。


派手に演出しない方が信用を得られる職業もありますし、大げさなくらいPRしたほうが人が
人が集まる職種もあるでしょう。


その経営者がもつ財運は、事業の内容や発展性に影響を与えます。





どのようなお金を取り扱う魂を所有しているのか?


一言にいっても「お金」「経済」に対する意識、使い方、持ち方も

宿命によって様々です。

その人自身が持っている「お金の星」をどのような形、場所に所有しているか?

を見ることによって、その人のお金に対する価値観が見えてしまうのですね。


この、「財の星」は持って生まれている人もいれば、
持っていない人もおります。


しかし、財の星を持っていないから貧乏、事業が出来ない、
成功できない、ということではありません。


そんな財の星ですが、4つのパターンがあります。


①頭にのせているだけの、いつ落ちるかわからない財

②見せびらかしたい財

③腹にしっかりしまっている財

④右手にしっかりと握りしめてため込んでいる財


財の星の出る位置によって、その傾向が見えます。

「この人、ちゃんとお金を持っているな」

と言う命式がわかります。



③と④に財の星を持っている宿命の人は、お金持っております。


こんなにビジネス成功してます~儲かってます~人も集まっています
を積極的にアピールしてるタイプは、①、②の傾向が。


すべてこれにあたりませんが、
だいたい自分自身のお金に対する意識、扱い方、見せ方
が、その人にとっての金運とも言えます。


業種、事業の内容にもよりますが、

あまり派手にしない方が顧客からの信用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。